男の論語

童門冬二

1999年6月30日

PHP研究所

1,676円(税込)

人文・思想・社会

いま、カネ万能主義に疲れた働き手は、トップからヒラにいたるまで、「心の時代」を求めている。この本は、そのひとつの手がかりを『論語』に求めた。二千五百年前の孔子とその門弟の発言を、なぜわたしたちは、いまおかれている危機の管理や克服のために口にし、活用するのか。『論語』のみずみずしい、時代をこえた実用性に的をしぼって読みなおしてみた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください