日本の盛衰

近代百年から知価社会を展望する

PHP新書

堺屋太一

2002年10月31日

PHP研究所

858円(税込)

新書

八〇年代には、世界一の繁栄を誇った日本が、今は、長期不況と社会の劣化に苦悩している。日本はこのまま衰亡の道を辿るのか?本書は、日本が近代百年で築き上げた官僚主導の文化を徹底解明し、それが生んだ「負の資産」をいかに克服するかに迫る。財政、金融、企業経営、教育水準などの問題の真因とは何か、それを根絶する具体策を提示。自由と創造のある社会をいかに創るか。ニューパラダイム派経済学の世界的先導者が、日本型知価社会への道を説く救国の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください