黒田長政

関ケ原で家康に勝利をもたらした勇将

PHP文庫

近衛龍春

2008年6月30日

PHP研究所

900円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

戦国屈指の名軍師・黒田官兵衛の嫡男に生まれた黒田長政。幼少は信長のもとで人質となり不遇の時代を過ごす。その後、天下人の秀吉も畏怖した巨大な父の影を乗り越え、知勇兼備の武将として頭角を現していく。関ヶ原では東軍に味方し、西軍の切崩し工作など縦横無尽の活躍を見せて勝利に導いた。家康から「一番の功労者」と讃えられ、筑前52万石の大大名となった武将を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください