八幡太郎義家

「武士の時代」を切り拓いた名将

PHP文庫

小川由秋

2009年8月31日

PHP研究所

921円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

弓を射れば神業に近いと人々を驚嘆させ、奥州に起こった二度の兵乱ー父・源頼義に従って戦った前九年の役、自らが陸奥守として戦いの指揮をとった後三年の役ーで名を馳せた八幡太郎義家。その活躍は「武家の棟梁」としての源氏の名を東国武士の間で高め、鎌倉幕府以降の「武士の時代」へ向かう流れを生み出した。「天下武勇第一の士」と讃えられた武神・源義家の生涯を描く力作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください