遷都に秘められた古代天皇家の謎

PHP文庫

関裕二

2012年6月30日

PHP研究所

680円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

人が住まいを替えるとなるとそれなりの覚悟を要する。ところが7世紀末から8世紀末にかけて、20年に一度という異常な頻度で古代の天皇は目まぐるしく住処を替えた。それも、都の機能そのものを転々と遷し、造営途中の宮を捨てて大慌てと思えるような遷都もあったのだ。この意図はどこにあるのか?これら不可解な古代史の謎を気鋭の歴史作家がすべて解き明かす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください