飛鳥燃ゆ

改革者・蘇我入鹿

町井登志夫

2009年11月30日

PHP研究所

1,870円(税込)

小説・エッセイ

大唐帝国と韓半島の現実を知った蘇我入鹿が、日本の未来のために立ち上がる。なぜ彼は、殺されなければならなかったのか-。東アジア全体から七世紀の日本を浮かび上がらせるとともに、最新の研究成果を踏まえ、「改革者」蘇我入鹿の知られざる実像に迫った長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください