安奈淳物語私は歌う、命ある限り

北康利

2010年6月30日

PHP研究所

1,430円(税込)

エンタメ・ゲーム

歌ってよし、踊ってよし、ピアノを弾かせてよし。宝塚歌劇の黄金時代を築いた名声は、退団後の彼女の舞台人としての未来の豊穣さを約束していた。ところが突然、彼女を病魔が襲う。「あと一時間入院が遅れていたら命はなかったでしょう」と言われたほど重篤な状況。病名は、「全身性エリテマトーデス」。安奈はこの絶体絶命のピンチから、持ち前の負けん気と努力で這い上がり、再びスポットライトを浴びるまでに回復していく。伝説のタカラジェンヌが示した「強く、正しく、美しい」女性の生き方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください