帝国憲法物語

日本人が捨ててしまった贈り物

倉山満

2015年5月1日

PHP研究所

1,430円(税込)

人文・思想・社会

西洋列強の脅威から日本を守るために、たった一人で三千人の敵に立ち向かった高杉晋作。強固な意志を貫きつつ「万機公論」を本気で実行しようとした大久保利通。早くから憲法こそが国家の廃興存亡を決すると見抜いていた木戸孝允。そして彼らの意志を継いで真に日本の歴史に立脚した憲法を制定すべく苦闘を重ねた伊藤博文と井上毅ー幕末明治の日本人たちが上下一心となって勝ち取った大日本帝国憲法こそ、我が国の自主独立を守るための「最強の武器」だった。だが、しかしー。今、すべての日本人が知っておくべき歴史の真実。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください