超インフラ論

地方が甦る「四大交流圏」構想

PHP新書

藤井聡(社会科学)

2015年7月19日

PHP研究所

858円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

「日本は道路王国で、もう高速道路なんて必要ない」「公共事業は、国の『借金』を膨らませるだけで、税金の無駄使いだ」。こんな言説をよく耳にする。しかし、それは全くの「デマ」に過ぎない。じつは日本は、先進諸外国に比してはるかに「インフラ後進国」であり、さらに、インフラ投資は地方を甦らせる最短の道なのである。今こそ、これまでの常識を「超」えて、景気停滞や人口減少を解決するための「超インフラ論」を力強く推し進めていかなければならないー。「大阪都構想」反対派急先鋒として注目を集めた著者による、渾身の最新刊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.13

読みたい

1

未読

2

読書中

1

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください