職場の女子のトリセツ

有川 真由美

2020年1月31日

PHP研究所

1,430円(税込)

ビジネス・経済・就職

扱いづらい、面倒くさい。あなたを困らせる人!上手な接し方、動かし方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.63

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年06月10日

女性というのは、『心が通い合う』と思った相手のためなら、とことん頑張るもの。 女性は、言葉がない=愛がない 嫌いな上司 「自分はいつも正しいと思っていて、人の意見を聞かない」 「命令口調」「何かと嫌味を言う」 「言葉が乱暴」「攻撃的」「上から目線」 『愛がない』 「成功が一番大切」が男性。 『幸せが一番大切』が女性。 女性は、コトバひとつでご機嫌になり、コトバひとつで固く心を閉ざす。 女は自分を大切にしてくれる男が好き。 女性はすべてお姫様として扱って欲しい。 結論が出てなくても、考えていると伝えよう。 女性は「愛されたい」 男性は「認められたい」 マメさが大切。声をかける、ありがとうを言う、話を聴く、 女性は、『快感を貯金する』という性質がある。 自分を気にかけてくれる人は200点。 自分ができないことができる人はすべて尊敬する。◯◯さんだからお願いしたい。と持っている才能を見つけ、思い切り頼む。 かわいげがある。素直に間違いを認める。優秀に見られたいと虚勢を張るのは鬱陶しいだけ。女性は元来世話焼き、完璧でないから、何かしてあげたいと思うもの。 自然体で、素直に頼ったり、感謝したりできる人は、ダメな人でも『大切な人』 『決める』『リードする』『守る』などの女性が不得手とするところで、少々強引に“男らしさ”を発揮する。 女性は問題解決ではなく、話を聴いてもらうこと自体に意味がある。ただ、話を聴けばいい。解決は求めてない、共感による癒しを求めている。 女性は嫌な思い出を感情とセットで覚えていて根にもつ。自分より強い相手には“母性”がちっとも働かない。むしろ、強い相手には危険を感じて攻撃的になる。 「女性なら、大きな心で許してくれる」と母親のような情愛を求める子供っぽい男性に女性は内心苛立っている。 風邪気味で、、(早く帰りたい、仕事が残っている)女性は察して欲しい。女性は伝わる説明が不得手、男性は愛情表現をてぬきする。女性は察知する力があるから端折ってしまうもの。逆を言ったりもする。 特に日本の女性は、自分の気持ちを言葉にしない傾向が強い。女性が気を遣って「言わないこと」で、逆に関係をこじらせたり、ものごとを悪化させたりすることは、あらゆる関係において起きている。 仕事のできる男は、察知力に優れている。たぶんこんなことを言って欲しいんじゃないかと察して動ける。 女性は細かいことに気づく察知力が強い。それは、危険察知センサーとして働いている。女性の勘を舐めてはいけない。 女性は小さいことに気づくが、長期的かつ俯瞰的に捉えられない。 女性は、『話のわかる人』だと思うだけで、攻撃の手をゆるめます。女性、特に女性集団には負けるが勝ち。褒めるが勝ち。認めてあげるが勝ち。 女性は、ささやかな幸せをたくさん味わいたい。シェアも好き。小さな心地よさ、小さな幸せをちょこちょこ感じてもらう。プロセスを大切にする。結果でなくプロセスを認めてあげると良い。 女性は、小さな不満を言い続ける。それを受け止めるのが男の役割。 結論は出ない。ただの雑談に、結果を求めず興味を持って聴く。雑談の目的は、人間関係。 「いや、そうじゃなくて」「でも」「っていうか」という口グセはNG。否定形で返さない! 言い訳しない。嫌な気持ちにさせて申し訳なかったと素直に謝る。 一緒がいい。一緒に決めて欲しい。理由を明確にして決める。どちらも良くて迷うけどこっちかな。 「手伝う」ではない、当然の役割として自分がする。自分がするのは当たり前と思ってやる。 モテ自慢には微笑ましい要素がない。 自慢話は、相手を下に見てる証拠。上から目線で、相手に興味がない。 オレ様ファーストは大変。あなたファーストの会話をしよう。 こじれるのは、女性の自信のなさからきていることが多い。 弱い立場の人に丁寧に優しく接する男性は、女性から尊敬と賞賛を集める。 年齢、見た目、結婚出産はタブー。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください