ガラスの海を渡る舟

寺地 はるな

2021年9月13日

PHP研究所

1,760円(税込)

小説・エッセイ

脆くて、同じものは一つもない。人生はまるで、ガラスみたいだー。みんなと同じ行動がとれず、他人から疎まれてしまいがちな兄の道。落ちこぼれでも優等生でもなく、なんでも平均的にこなせるけれど、「特別ななにか」が見つからない妹の羽衣子。祖父の遺言をきっかけに、ともにガラス工房を引き継ぐことになった、相容れない二人の絆の行方とはー。大阪・空堀商店街にあるガラス工房で兄妹が過ごした、愛おしい10年間を描く感動の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

13

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

11

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

ガラスって冷たいけど温かいんだよ。人の心もきっとそうだと思う。

--
1
2021年09月13日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください