浄夜

花村萬月

2005年9月30日

双葉社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

過食嘔吐を繰りかえす小説家志望の自称モデルと現実が怖い簾禿の中年マゾヒストと死に小説の核をみつけた。芥川賞作家と小説の奴隷である敏腕編集者の「舎人の舌」は数多の虚構と妄想を過食し、嘔吐する。清められる。「純」文学最新刊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください