痛み

貫井徳郎 / 福田和代

2012年5月31日

双葉社

1,100円(税込)

小説・エッセイ

『見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ』-目と手と舌を奪われたデザイナー。裁判員制度と厳罰化。社会情勢が生み出した“狡猾な犯罪”の正体とは?『シザーズ』-刑事と通訳捜査官、俺が捕まえあいつが落とす。中国人の犯罪組織に、まるでハサミの刃のように、二人揃って鋭く切り込む!『三十九番』-このまま、時は平穏に過ぎていくはずだった。「三十九番」の名を再び聞くまでは。留置係員は何を見たのか。衝撃のラスト。警察小説の新たな大地を切り開く3編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

30

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください