ちっぽけな恋

珈琲屋の人々

池永陽

2013年5月31日

双葉社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

喫茶店『珈琲屋』の主人・行介は、あることで人を殺した。刑期を終えた行介を出迎えたのは、かつての恋人・冬子。冬子は、行介の出所に合わせるように離婚をしていた。以前と同じように語りはじめるふたり。だが、何かが違っていた…。心に染み入る連作集。濃厚な人間ドラマ7編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

にいちゃん

こんな珈琲屋が近くにあったらな

-- 2020年05月05日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください