珈琲屋の人々(宝物を探しに)

池永陽

2015年7月31日

双葉社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

人を殺した過去を持つ『珈琲屋』の主人・行介。行介のかつての恋人で、婚家を飛び出した冬子。人生の喜びと苦しみを味わった二人の心情を軸に、人間の狡さや優しさ、そして、愛を描いた連作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.67

読みたい

3

未読

0

読書中

1

既読

21

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください