鬼人幻燈抄 江戸編 幸福の庭

中西モトオ

2019年10月15日

双葉社

1,430円(税込)

小説・エッセイ

幕末へと向かう江戸。夜ごと鬼を斬る甚夜は自らの過去と向き合い、刀を振るう意味を探し続ける。和風ファンタジーシリーズ第二巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.6

読みたい

12

未読

5

読書中

3

既読

29

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

面白かった

starstarstarstar 4.0 2020年10月03日

忙しくて切れ切れに読んだのにすごく面白かった。 1巻目は読まなくても読めますが、甚太がなぜ甚夜になったかがわからないので、順当に読む事をオススメします。 今回は鬼にもいろんな産まれ方があること、いろんな考え方の鬼がいる、、、という事も書かれています。 読み終わったらほっこりするような終わり方でしたが、次作はまた違うんだろうなあ。 楽しみです!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください