木皿食堂

木皿泉

2013年5月31日

双葉社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

「すいか」「野ブタ。をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」「Q10」夫婦脚本家が語る、日常の「奇跡」。この一冊に“絶品の言葉”がぎっしり詰まっています。名代「木皿食堂」へようこそ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.2

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

5

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とも

(無題)

starstar
star
2.2 2019年03月06日

私はテレビを観る習慣を持たない。だからというわけでも無いが、木皿泉を知ったのは「昨夜のカレー、明日のパン」が評判になってからである。そして、本書によって木皿泉の中身をよく知ることができた。本書にはエッセイやインタビュー、対談、シナリオ講座など収録されている。しかし読んで面白いのは、書名にもなっている第1章のエッセイである。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください