安倍談話と朝日新聞 慰安婦問題と南京事件はいかにして捏造されたか

勝岡 寛次

2015年10月19日

双葉社

1,540円(税込)

人文・思想・社会

国内では、朝日が最も強硬に反発した。朝日は社説で、次のような“捨て台詞”を吐いた。“この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった”と(8月15日付)。朝日は、半年間以上にわたって村山富市氏や河野洋平氏を紙面に度々登場させ、安倍談話を牽制し続けたが、その甲斐もなく、遂に村山談話は安倍談話に取って替えられてしまった。朝日は“出すべきではなかった”と強がってみせたが、その本音は、「出してはいけないものを出させてしまった」であろう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

7

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください