鉛の法廷

双葉文庫

西村寿行

1987年5月31日

双葉社

448円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

教典と邪淫の指。日本は宣撫教団に占領されようとしていた。時の政府は彼らに大臣の椅子を与えることによって、保守政権を維持していた。が、教団は法曹界、警察、自衛隊に信者を潜入させ、国盗りを画策していた。まさに民主主義の崩壊であった。そんな折、狂奔する邪宗を討つべく闇の法廷が開かれた。そして事態は内戦、首都炎上と展開していく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください