扉は静かにノックされた

双葉文庫

勝目梓

1987年6月30日

双葉社

480円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

伊賀光二は私立探偵。ポルノ収集が趣味という冴えない中年男だが、派手なアクションもやるし、女性にも図々しくなれる男である。事務所に今川美由紀が、夫の定文を探してくれとやって来た。結婚7カ月で蒸発したのだという。残された日記には〈女は胸に地獄を抱いていた。女は、胸の地獄を男に開いて見せた…〉と奇妙なことが書かれていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください