瀬戸大橋殺人海峡

双葉文庫

木谷恭介

1990年9月1日

双葉社

469円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

瀬戸大橋が開通し観光客で賑う香川県琴弾公園で、女性の他殺死体が発見された。被害者は東京の塩野誠一郎の妻節子と判明した。捜査に当たった観音寺署の南牟礼叉造は定年退職を19日後に控えている。時間と競争しながら着実に犯人に迫る南牟礼は、誠一郎が妻帯者でありながら、岡山県でも指折りの旧家の娘と婚約している不審な事実に気付いた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください