紅の匣子槍(2 〔上〕)

双葉文庫

樋口明雄

2011年1月31日

双葉社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

抗日義勇軍の壊滅から数ヵ月後。裏切り者・虎文を討ち、見事“頭弾”を果たした柴火は、雪の曠野をさまよっていた。戦争の現実に絶望し、戦いを忌避する柴火。だが、時代は彼女を放ってはおかなかった。男装の麗人・川島芳子を司令官に据え、日満軍は再び熱河への侵攻を開始するー。風雲急を告げる第二部、開幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください