棟居刑事の殺人の隙間

双葉文庫

森村誠一

2011年2月28日

双葉社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

芝田未知男は会社のトラブルを処理する部署にいたが、社長の息子が起こした交通事故の身代わりとなり、会社を辞める羽目に。その後、尻拭いのノウハウを生かして「スリット」という会社を設立する。やがて持ちこまれた新聞記者の不審な事故死を調べるうちに、芝田はかつての勤務先と次期総理候補の癒着に気づく。そして、新たな殺人が…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください