孤島の誘拐

双葉文庫

戸梶圭太

2011年9月30日

双葉社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人口300人に満たない絶海の孤島。高齢化が進み、皆が顔見知りという荒島で誘拐事件が起きた。誘拐されたのは、宝くじに当籤し大金を手にした男の息子。警察は、かつていくつもの誘拐事件を解決に導いた“エース”を投入するが、身代金の要求を、被害者宅の庭先に書くという手口に捜査は難航する。島という“密室”での犯行はどのように行われたのか?犯人は誰なのか?『誘拐の誤差』で多くの読者を惹きつけた著者独自の誘拐ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください