出雲殺意の一畑電車

双葉文庫

西村京太郎

2013年3月31日

双葉社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本一長い駅名の構内で名誉駅長・田宮始が射殺された。被害者の胸ポケットから東京で殺害されたノンフィクションライター五十嵐昭の名刺が発見された。そこには犯行を仄めかすメッセージが書れていた。五十嵐殺害事件を担当していた十津川班が島根県警の協力を得て捜査を進めると、被害者に共通の意外な過去が浮かびあがってきた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください