流れ星と遊んだころ

双葉文庫

連城三紀彦

2014年2月28日

双葉社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

傲岸不遜な大スター「花ジン」こと花村陣四郎に隷属させられているマネージャーの北上梁一は、ある夜、一組の男女と出会う。秋場という男の放つ危険な魅力に惚れこんだ梁一は、彼をスターにすることを決意。その恋人である鈴子も巻きこみ、花ジンから大作映画の主役を奪い取ろうと画策する。芸能界の裏側を掻い潜りながら着実に階段を上る三人だが、やがてそれぞれの思惑と愛憎が絡みあい、事態は思わぬ展開をみせるー。虚々実々の駆け引きと二重三重の嘘、二転三転のどんでん返しが、めくるめく騙しの迷宮に読者を誘う技巧派ミステリの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar 3

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

15

未指定

14

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

連城三紀彦「流れ星と遊んだころ」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください