結婚相手は抽選で

双葉文庫

垣谷美雨

2014年6月10日

双葉社

672円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

少子化対策のため「抽選見合い結婚法」が施行されることになった。相手が気に入らない場合は断ることができるが、三回パスしたらテロ撲滅隊送りになる。だが、この強制的な見合いに、モテないオタク青年は万々歳、田舎で母親と地味に暮らす看護師は、チャンスとばかりに単身東京へ。慌てて恋人に結婚を迫るも、あっさりかわされてしまう女性もいて…。それぞれのお見合い事情をコミカルかつ、ハートウォーミングに描いた長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.83

読みたい

20

未読

4

読書中

0

既読

63

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

抽選して意味があるのか

starstar
star
2.7 2020年04月08日

以前深夜でドラマ化されてたなぁと思い、手にとった一冊。はじめましての作家さんです。 ドラマはジェンダーを色濃く扱ってたのもあり良かったんですが、ドラマと比べると原作はだいぶ見劣りしますね、個人的感想です!!( •̀ㅁ•́;) 見合い法もなんか時間とともにいつのまにかなくなっちゃってた?自然消滅的な?、主人公が積極的に反対運動をするでもなく、流れるまま沈静化していった‥感じです。ドラマではサラッと流されてた他の部分は丁寧に描かれてたりするんで、悪くないんだけれども、個人的にはドラマの方が好きです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください