定、吉ふたり

草凪 優 / 橘 真児

2016年1月14日

双葉社

641円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

情欲の果てに最愛の男の局部を切り取り世間を震撼させた女、阿部定。事件から80年を迎える今もなお注目を集め続ける定は稀代の妖婦か、はたまた究極の聖女か。そして定の手にかかった吉蔵の秘められた本心とは?二大性愛作家、草凪優と橘真児がそれぞれ定と吉蔵側の視点で事件に迫り、男女の絶望的なすれ違いと愛の極致を焙り出す傑作書き下ろし小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください