あの日の花火を君ともう一度

麻沢 奏

2016年8月4日

双葉社

662円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

中学3年生の夏。幼馴染の律紀と付き合い始めた美緒はある日、日記帳に記憶にない文章を見つける。そこでは“もう一人の私”が律紀の親友、桐哉と付き合っていた。戸惑いながらも、美緒は日記帳にメッセージを残す。夏休み最後の日、ふたりは花火大会に行くが、その帰り道、律紀は事故で帰らぬ人となる。桐哉は泣き崩れる美緒をそっと支えー「自分の幸せがひとつなくなる代わりに、後悔をひとつなくせるとしたら、どうする?」時空を超えた運命のラブストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

7

読書中

0

既読

7

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください