二千七百の夏と冬(上)

荻原 浩

2017年6月15日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ダム工事の現場で、縄文人男性と弥生人女性の人骨が発見された。二体はしっかりと手を重ね、互いに向き合った姿であった。三千年近く前、この男女にいったいどんなドラマがあったのか?新聞記者の佐藤香椰は次第に謎にのめりこんでいくー。紀元前七世紀、東日本。谷の村に住むウルクは十五歳。野に獣を追い、木の実を集め、天の神に感謝を捧げる日々を送っている。近頃ピナイは、海渡りたちがもたらしたという神の実“コーミー”の噂でもちきりだ。だが同時にそれは「災いを招く」と囁かれてもいた。そんなある日、ウルクは足を踏み入れた禁忌の南の森でカヒィという名の不思議な少女と出会う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.16

読みたい

133

未読

6

読書中

0

既読

60

未指定

53

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

荻原浩「二千七百の夏と冬」

--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください