海色の壜

田丸雅智

2017年8月7日

双葉社

641円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

初老のマスターが営むその小さなバーには、酒の種類がひとつしかないという。出されたグラスの美しさに驚いていると、マスターは酒の名前を告げた。口に含んだとたん、目の前に海の景色が広がってー。(「海酒」)不思議なのに懐かしさを感じさせる、新世代ショートショートの傑作集。一話5分で楽しめる、夢と驚きに満ちた世界がここに!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

9

未読

5

読書中

0

既読

7

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください