紙のピアノ

双葉文庫

新堂 冬樹

2019年10月10日

双葉社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

貧しさゆえイジメに遭っていた白石ほのかは、町のピアノ教師・二ノ宮に助けられた。ほのかの音楽的才能を見抜いた二ノ宮は、紙に描いた鍵盤を手はじめに、献身的にピアノを教えこむ。その甲斐あって音大に入ったほのかは、プロのピアニストを目指すため、コンクールに挑むことを決意した。その前に続々と現れる強力なライバルーほのかは優勝して二ノ宮の想いに応えることができるのか!?感動のミュージック・ストーリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.33

読みたい

8

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

つばちゃんねる

ピアノ少女の成長

starstarstar 3.0 2020年03月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください