長崎眼鏡橋 カフェよりどころ

双葉文庫

端島凛

2020年8月7日

双葉社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長崎でOLをしている丸川頼子は、眼鏡橋そばで居酒屋を開いていた父親が亡くなり、お店を継ごうと決意するが、母親に反対されてしまう。そんな折、店の前で行き倒れになっている謎の男を発見した頼子は、男を介抱して食事をふるまう。すると、コータと名乗るその男は「君の料理に胃袋を掴まれた。もう一度、ここで店をやろう!」と、いきなり宣言してきて…。長崎の名物グルメてんこ盛りの、読めばお腹が空いてくる食べ物小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください