蔦重の教え

双葉文庫

車浮代

2021年3月11日

双葉社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

退職を迫られた55歳の崖っぷちサラリーマン・武村竹男(タケ)が、お稲荷さんの怒りに触れて江戸時代にタイムスリップ。なぜか20代に若返っているタケを拾ってくれたのは、稀代の出版プロデューサー「蔦重」こと蔦屋重三郎だった!タケは、無名時代の喜多川歌麿らを同僚として見も知らぬ江戸の社会で懸命に働く。蔦重の叱咤激励は口は悪くとも人間の本質をついていて思わずメモを取りたくなるものばかり。「俺は、人生ってのは知恵比べだと思ってんだ」-蔦重の言葉がタケを成長させる。感動の面白さをお届けする、実用エンタメ小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください