江戸あやかし舟

書き下ろし長編伝奇時代小説

双葉文庫

竹河聖

2004年2月29日

双葉社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸末期、柳橋の売れっ子芸妓・音丸は、贔屓客とともに大川で夜桜見物の屋形舟に乗っていた。その船頭が持つ棹に、不気味な物体が引っかかる。腐臭とともに川面に現れたのは、美しい女の顔、そして白い手があるだけの黒い塊ー。幇間の藤八とともに、音丸はその正体をつきとめるために動き出す。ホラー小説の実力派が描く、異色の長編伝奇時代小説書き下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください