驟雨ノ町

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2005年11月30日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

陽光煌めき、江戸が盛夏を迎える頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は身過ぎ世過ぎに追われていた。豊後関前藩より助力の礼にと招かれた今津屋吉右衛門らの案内役として下屋敷に向かった磐音は、父正睦より予期せぬ事を明かされ…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第十五弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.3

読みたい

3

未読

4

読書中

0

既読

362

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください