あやめ河岸

照れ降れ長屋風聞帖

双葉文庫

坂岡真

2006年5月31日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

魚問屋の鯉屋太郎次が首を捻られ川に浮かんだ。浅間三左衛門の投句仲間で定廻り同心に戻った八尾半四郎は、現場で隠密廻りの楢林雪乃から太郎次の紙入れを渡される。中には花魁・小紫から札差脅しの岩蔵に宛てた起請文が入っていた。小紫をめぐる太郎次、札差の伊勢十、岩蔵などの情の縺れによる犯行なのか。江戸の四季を背景に描く庶民の哀歓。書き下ろし長編時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください