鯖雲ノ城

居眠り磐音江戸双紙

双葉文庫

佐伯泰英

2007年1月31日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

海路三十余日、速吸瀬戸を過ぎり、豊後関前を目指す御用船正徳丸。舳先に立った坂崎磐音とおこんは断崖に聳える白鶴城を望んでいた。湊では父正睦、母照埜らが出迎えてくれたが、秋茜飛び交う国許では、よからぬ事が出来し…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.45

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

259

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください