将軍の刺客

江都の暗闘者

双葉文庫

牧秀彦

2007年12月31日

双葉社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

享保元年(1716)、紀州から八代将軍として入府した徳川吉宗。江戸の実態を把握しきれていない吉宗を嘲笑うかのように闇で蠢く古株の幕閣。吉宗から田沼意行に、町奉行も御庭番も手が出せない悪人どもを退治すべく闇の集団を結成せよとの密命が下った。田沼に従う若党で暗殺を生業とした忍びの末裔、白羽兵四郎が悪に立ち向かう。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください