惡忍

加藤段蔵無頼伝

双葉文庫

海道龍一朗

2009年12月31日

双葉社

921円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

時は戦国。乱世を自由奔放に生きる忍者がいた。その名は加藤段蔵。“飛び加藤”“鳶の段蔵”とも呼ばれる孤狼の忍者は、伊賀・甲賀を挑発し、加賀一向衆の首領・実顕に罠を仕掛ける。頭抜けた智謀で越前・朝倉、越後・長尾ら戦国大名に挑む姿はまさに圧巻!-甲賀の座無左や伊賀の弁天姉妹、児雷也、千賀地服部、雑賀衆に軒猿など、魅力的な登場人物との絡みも興味を誘う痛快歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください