姫さま消失

剣四郎影働き

双葉文庫

芦川淳一

2012年2月29日

双葉社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

越後黒川藩の綾姫が伝通院へ参詣に行った折、忽然と姿を消した。その後、五千両の身代金要求があった。以前から知り合いであった黒川藩の用人から、如月剣四郎に姫を助けて欲しいと依頼が。事件を追うにつれ、凶賊の頭領・百足の銭六が絡んでいるのが判明。果たして姫を救出出来るのか。また、江戸に落ちた隕石は姫の行方と関係があるのか!?-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください