緋木瓜の仇

双葉文庫 口入屋用心棒 24

鈴木英治

2012年11月30日

双葉社

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

米田屋光右衛門の長女おあきと祝言をあげて二本差しを捨てた平川琢ノ介は、米田屋を継ぐため口入屋稼業の修業に精を出していた。そんな折、病気を押して頻繁に出かけるようになっていた光右衛門が根岸にある剣術道場で倒れたとの知らせが湯瀬直之進にもたらされる。さらには、勘定奉行配下の和四郎にも危難の影が忍び寄り…。人気書き下ろし長編時代小説第二十四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください