仇討ち街道

浮雲十四郎斬日記

双葉文庫

鳥羽亮

2013年1月31日

双葉社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

直心影流の遣い手である御家人・雲井十四郎はその腕を買われ、男装の女剣士・清乃の仇討ちの助太刀をすることになる。“岩砕きの剣”に斃れた清乃の兄は、陸奥国・岡部藩の軒目付組頭で、藩の重臣と廻船問屋・大越屋の不正を探っていたらしい。江戸を離れた敵を追って、十四郎は日光街道を北上する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください