宿無し

柳橋の弥平次捕物噺3

双葉文庫

藤井邦夫

2014年10月14日

双葉社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

浜町堀の稲荷堂で倒れていた旅姿の女を助けた岡っ引の弥平次は、傍らに寄り添う幼い娘おつるを連れて小石川養生所に担ぎ込んだ。左腕に三分二筋の入墨のあるその女の名は“弁天のお染”、江戸所払いになっていた女掏摸だった。己の死期を悟り、三年前に攫ったおつるを親元に帰そうと江戸に舞い戻ったお染。その願いを叶えるため、弥平次はおつるの親を捜しはじめるが…。これぞ人情捕物の決定版、人気シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください