結城半蔵事件始末(1) 不忠者

藤井邦夫

2017年1月12日

双葉社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亡き妻の墓参の帰途、四人の若侍に襲われた初老の武士を助けた南町奉行所与力の結城半蔵。奥州上関藩の留守居役遠藤頼母と名乗った初老の武士は「拙者は不忠者」という言葉を残し意識を失った。駆けつけてきた上関藩士らに遠藤を託し、その場を立ち去った半蔵だったが、その背後には尾行者の影がー。上関藩内に燻る内紛の火種を嗅ぎ付けた半蔵は、密かに探索を開始する。時代小説の名手が放つ、シリーズ第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください