空也十番勝負 青春篇 未だ行ならず(下)

佐伯泰英

2018年12月13日

双葉社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長崎で武者修行を続ける坂崎空也のもとに、想いを寄せる薩摩の渋谷眉月が訪れる。平穏に武者修行を続ける空也だったが、恨みを抱く東郷示現流酒匂一派の影が迫っていた。同じ頃、薩摩藩の江戸家老から呼び出しを受けた薬丸新蔵は、初めて江戸藩邸に出向くが…。空也と新蔵の二人と酒匂一派の因縁は決着の時を迎え、青春篇いよいよ完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.42

読みたい

5

未読

2

読書中

0

既読

53

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とも

(無題)

starstar 2.0 2019年04月22日

これで青春編が完了だそうだ。そしてその続きが再開されるのかどうかは、今のところ不明である。あとがきを読んだ限りでは、著者はどうも引退したいように思える。しかし、とにかく刊行すれば、ある程度の部数は確保できるとすれば、版元は金の卵を手放そうとはしないのだろう。ところで、五番勝負が上巻で済んでいるのだから、下巻は必要ないようにも思えるが、東郷示現流酒匂一派との決着のために下巻が費やされたのだった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください