女にモテたきゃ男を磨け

双葉文庫

安藤昇

2000年12月31日

双葉社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

男のケンカと女のケンカには、決定的違いがある。女のケンカは自分のためのケンカだ。男のケンカは違う。どうしても筋が通らない問題をかかえた人間から相談され、男としてやるしかなくなってケンカをする。要するに人のためのケンカだ。だから女のために体を張ることがあったとしても、ちっとも不思議ではない。横井英樹にしても力道山にしても、個人的な怨みがあったわけではない。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください