水妖伝

御庭番宰領

二見時代小説文庫

大久保智弘

2006年5月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「生きていくことは日々の忘却の繰り返しなのか」-無外流の達人鵜飼兵馬は“公儀隠密の宰領”と“頼まれ用心棒”として働く二つの顔を持つ。公儀御用の務めを果たし、久し振りに江戸へ戻った兵馬に、早速、用心棒の依頼が入った。呉服商葵屋の店主吉兵衛からである。その直後、番頭が殺され、次は自分の番だと言う。そしてそれが、奇怪な事件と謎の幕開けとなって…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください