闇夜を歩く(3)

二見シャレード文庫

谷崎泉

2006年7月31日

二見書房

607円(税込)

ボーイズラブ(BL)

従兄である菅波の野心とは知らず、占い師・子春として闇の世界で働いていた李空。しかし、与党の大物代議士・猪飼の秘書・永島の登場によって、彼の運命は大きく変わっていく。菅波のもとを逃げ出した李空だが、記憶を失ってしまったうえ、追ってきた菅波に騙されて愛欲に満ちた関係を信じ込まされる。その後、李空を奪還した永島は何もかもを捨て一緒に暮らそうと申し出る。だが、永島の背後には政治記者の沢登が執拗に張りつき、不穏な動きを隠さない。そんな中、顧問弁護士が今際の際に永島に告白した事実は、謎だった菅波の過去にまつわるもので…。それぞれが明かせない秘密を持ち、安息を求めて彷徨う…。果たしてその結末は?衝撃のシリーズ完結巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください