狐憑きの女

剣客相談人2

二見時代小説文庫

森詠

2012年5月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

那須川藩一万八千石の若隠居・若月丹波守清胤は、故あって傅役の爺・篠塚左衛門とともに出奔、東八丁堀の裏長屋で貧乏生活を始めた。口入れ屋の権兵衛の勧めで、生来の気品と剣の腕を生かした、剣客相談人で日々の糧を得ていたが、最近は仕事がない。米びつが空になるころ、なんとも奇妙な相談が舞い込んだ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください